住宅FCを利用することによって得られる様々なメリットとは?

並んだ家の模型

住宅FCで工務店の運営を効率化しよう

きれいな部屋

工務店の運営を効率化したり利益をアップするためには、住宅FCに加盟してみてはいかがでしょうか。住宅FCは、住宅会社の持つブランド力を使うことができますので知名度が今一つない地域密着型の工務店には最適です。まずは知ってもらうことで集客が見込めるという側面から考えると、ブランド力があるというのは工務店に必要な要素です。住宅FCに加盟することで、様々なノウハウを得ることができますし運営をより効率化することが可能です。知名度やブランド力のある会社で家を建てたいと考えている人は多く、それは多額の費用をかけるため少しでも信頼性の高いところに依頼したいという背景があります。住宅FCに加盟することで、称号や商標を利用する権限が与えられますし仕事が軌道に乗るためには多くの人に知ってもらって利用されることは必須です。工務店を経営していて、新規の仕事が入ってきにくくなっている状況の方は住宅FCへの加盟をお勧めします。サービスや営業のノウハウも得ることができますので、経営に生かすことができますし仕事が増えればそれだけ収入もアップします。これからの工務店の運営には、最適な方法と言えるでしょう。ウェブから問い合わせや資料請求ができますので、お勧めです。

住宅FCで資材や建材の仕入を安定させられます

工務店オーナーの方、住宅の新築やリフォームの受注は多いものの、利益があまり出ていないと問題を抱えていませんか?受注を受けていても案件当たりの原価率が高く、営業利益を圧迫しているというのであれば、住宅FCに加盟するという選択肢があります。住宅FCは、コンビニエンスストアやファストフード店のように企業の加盟店となり事業を行う方法です。住宅FCを利用することで、原価アップにつながる問題を解決することもできます。
住宅の新築やリフォームで大きな変動要因となるのが、資材や建材の仕入れです。これまで個別に仕入れを行っていた場合、メーカーと自社との間に卸業者が存在するため、コストアップになっているだけでなく、大量仕入れを行う条件を提示できずに単価がアップしていることもあります。しかし、住宅FCの場合、本部が資材や建材メーカーと交渉と仕入れを行い、大量一括仕入れを行うことから仕入れ価格を下げることができます。安い資材や建材を使用できるため、営業利益を安定させることもできます。さらに仕入れ価格の安定を図れるだけでなく、住宅FC本部が審査を行ったメーカーを使用するため品質面でも安定したものを使用できるなど、不具合の未然防止だけでなく現場でのロスを抑えることもできます。

住宅FCを利用すれば商品企画力の弱さをカバーできる!

工務店オーナーの方、地域に密着した事業活動を行い創業から長い年数が経っているものの、知名度に対して注文が振るわなくなっていませんか?住宅の新築やリフォームは時代のニーズを取り入れる必要もあり、魅力的な商品を提供するという商品企画力が必要になります。自社の弱みになっている商品企画力を住宅FCで解決してみてはいかがでしょうか?
小さな工務店がデザインや設計を含む商品企画を直ぐに行うことはハードルが高く、コストアップにつながる問題もあります。また、人材の確保が問題になることもあります。しかし、住宅FCに加盟することにより、自社に商品企画力が全くないという場合でもブランド力のある事業を行うことができます。住宅FCの本部においてデザインや設計といった企画を行い、自社はそれに沿った施工を行うだけになります。技術力は高いものの、トレンドの取り入れが難しいという問題を気にすることがなくなります。また、商品企画だけでなく広告宣伝も住宅FC本部が行うため、無駄な広告宣伝を打って経費を発生させることがありません。受注を受け、建築工事と品質管理に専念できるため、限られた人材を商品企画に充てることもなくなります。また、古い工務店でも最新の住宅を建てられるようになるのもメリットの一つです。

様々なメリットがある住宅FCは【ジョンソンパートナーズ】がおすすめです。こちらは高い実績とノウハウを保有しており、それらを活かした支援を受けることができます。非常に頼りになりますので、ぜひ相談してみてください。

POST LIST

マンションの外観

住宅FCで経営力の弱さを改善することも可能に

工務店オーナーにとって、事業を継続し経営を安定させることは重要な目的になります。営業力に力を入れ、安く仕入れた資材で住宅建設を行い顧客獲得を行って利益を上げようとしても、技術力と交渉力がありながら経営力がなく利益が不安定というケースもあります。しかし、最近の住宅FCではこの問題も解決することができます。住宅FCといえば、ブランド力や仕入れの強さ、小規模な工務店では…

住宅FCで新しい設計や工法のノウハウを取り入れよう

窓際の椅子と植物

自然災害の多い日本国内において、住宅の設計や工法は災害が発生し一定スパンでの見直しが行われています。大きな地震があった際には耐震強度を設計により向上したりするものの、小さな工務店では新しい設計や工法のノウハウを取り入れることができず受注低下の問題になっていることもあります。そこで、住宅FCに加…

»readmore

地域の工務店も住宅FCでデザイナーズ住宅を施工できる

集合住宅の外観

消費者ニーズは安さだけでなく、デザインを求めることもあります。人生の中で高い買い物といえば住宅であり、デザイナーズ住宅のニーズも少なくはありません。しかし、地域密着型の工務店で昔ながらの住宅しか施工できないという問題を抱えているのであれば、住宅FCに加盟するのがおすすめです。住宅FCに…

»readmore

独立起業するなら住宅FCのコンサルやサポートを受けよう

一軒家の外観

独立して工務店を起業しようとしている方、経営や営業活動そして商品企画に対する対策を怠っていませんか?工務店は技術力があれば事業継続できる時代ではなく、多角的な対応が必要になっています。そこで独立起業するなら住宅FCに加盟してコンサルやサポートを受けてノウハウを蓄積するのがおすすめです。…

»readmore